事例3【医療用透明感熱用色素】

ロイコ色素と顕色剤との加熱発色反応により画像を形成しており、複数の色素とバインダー樹脂の選定により高階調化を実現しています。またバイダー量と顕色剤の粒径の調整により色素を溶解し透明性を得ています。これに当社の色素が用いられています。

カテゴリー: 色素の用途事例 パーマリンク

コメントを残す