事例7【レーザー溶着用色素】

レーザーによる樹脂溶着とは、溶着したい樹脂部材同士をコンタクトさせ、そのコンタクトしている面をレーザー光で融かすことにより固定させる方法です。当社のレーザー光吸収性着色材は、これまでの着色剤とは異なり、レーザー照射後に無色となるためにレーザー溶着が目視できるすぐれた色材であり、樹脂レーザー溶着剤として有用であります。

カテゴリー: 色素の用途事例 パーマリンク

コメントを残す