HOMEホーム会社案内> 沿革

沿革

1925年(大正14年) 大阪市城東区に山本化学研究所創立
有機顔料の国産化に着手
1954年(昭和29年) マジックインキ用油溶性染料の製造を開始
1955年(昭和30年) 山本化学合成株式会社に社名変更
1956年(昭和31年) キニザリンおよびその誘導体の製造を開始
1963年(昭和38年) 本社および工場を八尾市に移転
1966年(昭和41年) 2-エチル-アントラキノンの製造を開始
1969年(昭和44年) 米国NCR社(現API社)と共同研究契約を締結
1970年(昭和45年) 感圧・感熱紙用色素 "One Dye Black"の製造を開始
2-アミル-アントラキノンの製造を開始
1971年(昭和46年) 三井化学株式会社、三井物産株式会社 による資本参加
1980年(昭和55年) 2-アミル-アントラキノンHの製造を開始
1986年(昭和61年) 大牟田工場を開設
山本化成株式会社に社名変更
大阪証券取引所新二部に株式上場
1988年(昭和63年) 資本金を21億3,415万2千円に増資
1991年(平成 3年) 米国ESCO社を買収
大阪証券取引所第二部に株式上場
1993年(平成 5年) 光ディスク用近赤外線吸収色素の製造を開始
1995年(平成 7年) 大牟田工場 ISO9002 認証取得
1996年(平成 8年) 八尾工場 ISO9002 認証取得
2002年(平成14年) 全社ISO14001 認証取得
2003年(平成15年) CTP用色素の製造を開始
2006年(平成18年) 大阪証券取引所第二部上場廃止
三井化学株式会社の完全子会社化
有機EL用色素の製造を開始
PDP用色素の製造を開始
液晶用色素の製造を開始
2007年(平成19年) 資本金を3億5,000万円に減資
2009年(平成21年) 三井化学より機能性色材事業を移管
偏光用色素の製造を開始
昇華性色素の製造を開始

会社案内

▲ページトップへ