HOMEホーム製品情報> 表示材料分野

表示材料分野

光学フィルタ用色素

光学フィルタは特定の光だけを通し、それ以外の光は透過しない光学素子です。
透過させたくない光に対応した吸収を有する色素が使用されています。
PDPネオンカットフィルタ、農業フィルム、照度センサー等の用途に使用されています。
当社は400nm~1100nmの波長範囲に吸収を有する色素をラインアップしています。

光学フィルタ用色素実用例

PDPネオンカット用色素

プラズマディスプレイ (Plasma Display Panel : PDP) はプラズマ放電により発生する紫外線が蛍光体を励起させ発光させることを利用した平面パネルディスプレイ装置のことです。
 PDPは大型画面ディスプレイとして注目されていますが、構造上放電により発生した紫外線以外の光を吸収する必要があります。
 それらは、大別すると850nm以上の近赤外線光と580~590nm付近のネオン光に分けられますが、当社のPDP用色素は、それら光を有効に吸収し、PDPの基幹材料に寄与する色材です。

製品名:

【近赤外線吸収色素】YKR-シリーズ

【ネオンカット色素】
PD-シリーズ
NC-シリーズ

製品ラインアップ

PD-シリーズ

  • PD-311S

    PD-311

  • PD-320

    PD-320

  • SD-1022S2

    SD-1022S2

  • NC-35

    NC-35

  • SNC-8

    SNC-8

LCD用色素

液晶ディスプレイ(LCD)は組成物を利用する平面状で薄型の視覚表示装置をいいます。それ自体発光しない液晶組成物を利用して光を変調することにより表示が行われています。
表示には出入りする光をコントロールする偏光フィルターと色を表示するカラーフィルターが必要ですが
当社では、二色性色素をラインアップしています。

LCD用色素実用例

LCD用二色性色素~三井化学ファイン(株)の受託生産品

液晶ディスプレー(LiquidCrystalDisplay : LCD )は、従来のブラウン管型ディスプレイのように自ら発光して表示しているものではなく、光の透過を活用したディスプレイであり、様々な分野で使用されております。
当社の二色性色素は、液晶に対する溶解性、コントラスト(二色比)、鮮明性に優れ、液晶掲示板、自動車のインパネ表示などに広く利用されています。

製品名:

(青) M-412

(黒) S-428

製品ラインアップ

SI、M、S-シリーズ

  • (黄)SI-486

    (黄)SI-486

  • (赤)SI-426

    (赤)SI-426

  • (青)M-483

    (青)M-483

  • (青)M-412

    ((青)M-412

  • (黒)S-428

    (黒)S-428

▲ページトップへ